FANDOM


世界大会出場のラストチャンスに全国から強豪が集ったTHE KING OF IRON FIST TOURNAMENT 2016 TOKYO ROUND. その中で圧倒的な強さを見せて”無差別1on1部門”で優勝したプロゲーマー「ノビ」選手。世界大会2連覇を目指す「ノビ」選手にGRAND FINALを前にいまの心境や意気込みを語ってもらった。

【鉄拳7FR】ノビ選手 公式世界大会2016直前インタビュー

【鉄拳7FR】ノビ選手 公式世界大会2016直前インタビュー

”神速のアサルト” ノビ
攻めに特化したスタイルで海外でも人気を博すプレイヤー。昨年の公式世界大会など、これまで3度の世界一に輝く。現在、山佐株式会社のスポンサードのもと、鉄拳の講習会や実況解説などでも活躍中。
>ノビの詳しい情報を見る

プロゲーマー ノビ選手について

――日々の練習や、大会に対する姿勢、試合に向けての心構えを教えてください

僕は練習自体が全部実戦なんです。実戦でできていることだったら大会でもできるかな、というのが僕のなかでの日々の練習になりますね。大会の心構えっていうのは特になくて、勝たなきゃいけないっていうより当たり前のことだと思っているので、特に気負わないというか、勝ってみんなにプロゲーマーすごいんだぞっていうのを見せてあげようっていう気持ちですね。


――プロとして今年1年、さまざまな活動をされてきたと思いますが、どのような手応えがありましたか?

僕はとにかく「鉄拳を広めたい」っていう一心で、初心者講習などいろいろやってきたんですけど、鉄拳をはじめた人たちがみんな講習会に来てくれるんですよ。それでTwitterとかで「ノビさんに教えてもらって(ゲーム内の段位が)ここまで上がりました!」だったり「ノビさんの講習を見て、鉄拳やる気になりました!」みたいにコメントいただけると「普及活動をやっていて意味があったな」と思います。


東京ラウンドについて

――昨年と違い今年は予選からの参加でしたが、予選はいかがでしたか?

もうラストチャンスだったので。みんなに「お前が(GRAND FINALに)いなきゃ寂しいよ」みたいに言われて「うるせぇよ」と思って(笑)、 こっちだって本当に残りたいんだよ、っていうことで本当に最後だからやるしかない、って気持ちでした。


――予選はどんな気持ちで挑まれましたか?

まず、僕はもう本当に去年優勝したヤツが参加してないGRAND FINALなんて、鉄拳を見ている人は絶対面白くないだろうっていう思いがあったんですよ。それがあって、「俺がいないGRAND FINALは許せない」ぐらいの憤りレベルの気持ちで大会に臨んでいました。


――大阪ROUNDは残念な結果となってしまいましたが、そこからどんな反省があったのでしょうか?

僕、負けた試合っていつも自分の気持ちの余裕が出てしまっている試合で、大阪ROUNDの時もブロックにすごく強いプレイヤーがたくさんいて、その人たちは事前にメモでチェックして動画を見たりして、想定どおりの対策で勝ち上がってたんです。

だけど、反対側のブロックから準決勝に勝ち上がってきた、「二代目いクス」君っていう子を僕は知らなかったんです。ただ、僕はいろんな人が使う『ポール』っていうキャラクターと対戦しているから大丈夫だろう、みたいな気持ちで挑んだら、やっぱり人によって戦い方の色が全然違っていて。あ!、ってそこで面食らって負けちゃったので、悔しいっていうよりすごく後悔してます。どんな相手でも集中力を欠かさないでやっていれば結果は違っていたかな、というのがあります。


――東京ラウンドのベスト4では、同じ「無心鉄拳」の「タケ。」選手が相手でしたが、やり辛さなどはなかったですか?

今年のEVOでまさに当たったんですよ、壇上で。その時から、どっちもやり込んでいる背景が分かっている仲間なので、どっちが勝っても文句ないっていうのもそもそもありましたし、絶対俺が勝つよっていう気持ちでやっていました。なので、やり辛さっていうよりも、気持ちを出してすっきりした試合やろうって感じでしたね。


――予選決勝では緊張のほどはどうでしたか?

正直「タケ。」君とやった試合より全然緊張していなくて。もうGRAND FINALが決まったじゃないですか。その時点でまず肩の荷が降りたのもありますし、対戦相手が「古水」さん、っていう昔からすごく仲良いプレイヤーだったので、手の内はお互い知れている状況で、変に探る必要ないなってことで、全力でやろうっていう気持ちでした。


――東京ラウンド優勝となった決め手はなんでしょうか?

みんな、よく勝てたらいいねって言うんですけど、勝てたらいいね、じゃなくて勝たなきゃいけないなんです、僕の場合は。こんな人数のなかで優勝なんて倍率的に厳しいでしょってコメント言われたりもするんですけど、僕はそこで勝たなきゃいけないっていう気持ちが誰よりも強いので、そこの差だと思います。


――東京ラウンドを勝ち抜いての手ごたえ、心境はいかがでしたか?

すごい今、自信があるので普段通りの力を出せれば、最後には優勝できるかな、という感じですね。


グランドファイナルについて

――グランドファイナルで気をつけたいことはなんですか?

体調管理のみですね。僕はほんとに体調管理が出来なくて予選落ちしてしまった世界大会が以前にあったので、それ以降は体調管理だけはバッチリで臨もうかなと思っています。


――意識している相手はいますか?

鉄拳は日韓が強いって言われているので、韓国のプレイヤーは特に意識していますね。


――海外勢、とくに韓国勢も多く参戦しますがなにか意識していることはありますか?

海外のプレイヤーって国ごとにスタイルが違うんですよ、すごく面白くて。日本はどちらかというと“攻め“の鉄拳なんですけど、韓国は“守り“の鉄拳みたいに、その国の特徴っていうのを早く掴まないといけないなと思っています。


――グランドファイナルにはどのくらい自信をもっていますか?

本当にリアルな数字として40%ぐらいです。ただ僕ほんとうに運が良いのです。よくみんなに、ゲームの運がすごいねって言われるんで、たぶん勝てるんじゃないかなと思っています。


――グランドファイナルにむけて意気込みをひとことお願いします!

僕は現在、「ユウ」さん、僕、「タケ。」君の3人で、山佐株式会社さんからスポンサードされているんですけど、(スポンサード後に)こういう大舞台でまだ勝てていないので、今回のGRAND FINALできっちり優勝して、本当にプロゲーマーが強いんだっていうのを全世界に見せていきたいと思いますので、絶対優勝します。


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。